シマノ鈴鹿ロード

来場者インタビュー

ディスクブレーキロードにE-バイクと、試乗会も満喫!

野村隆之さん・茉邦さんご夫婦

大阪府からお越しいただいた野村さんご夫婦はシマノ鈴鹿ロード初参加だそうで、隆之さんは大会初日のレース種目「2時間エンデュランス ソロ」に挑戦されました。ロードバイクに乗り始めて約半年、普段は山道を上りながらトレーニングをされているとのことです。
「以前はクロスバイクで通勤していましたが、やっぱりロードバイクの方が速いので乗りたくなったんです」と隆之さん。
試乗会ではディスクブレーキロードやE-バイクに乗ってみた、というご夫婦。「ディスクブレーキは軽い力でいいので、女性の方におすすめですね。あと、実際に乗ってみて思ったのですがやっぱりE-バイクでもロードバイクに乗りたいです!」と隆之さん。茉邦さんは「スポーツバイクを選ぶ基準はやっぱり見た目重視!」と笑顔で語ってくれました。今後はご夫婦でツーリングに出掛けたい、という野村さんご夫婦でした。




「非日常空間」を楽しめる鈴鹿サーキット!

的場健二さん・美妃さんご夫婦

シマノ鈴鹿ロードは5回目という的場さんご夫婦は大阪府から参戦。今大会では「1時間サイクルマラソン」と「2周の部」に挑戦だそうです。健二さんは自転車ショップ「サイクルヒーロー なんば店」の店長を務めている方で、お客さん含め9人でお越しくださいました。
ロードバイク歴は約7年という健二さん、乗り始めたきっかけはスノーボードのオフトレーニングだそうで、それ以来ロードバイクにはまって自転車店に勤めることになったとのこと。
「レーシングコースはまさに『非日常空間』ですね!鈴鹿サーキットのコースは普段走っている公道とは違って綺麗で走りやすいですし、何よりスピード感を楽しめます」とご満悦の笑顔で語ってくれました。
お客さんは30代〜40代の方が多い、と健二さん。「お客さんも楽しんでくれて何よりです。実際にこうして大会に来ると自分の実力がどれくらいなのかわかるし、走る目的のひとつにもなるので良いですね」と満足そうに語ってくれました。




お子さんに影響を受けてレース初挑戦!

西幸和さん・友紀さんご夫婦

シマノ鈴鹿ロードに参加されたのは2回目という愛知県からお越しの西さんご夫婦。昨年は高校で自転車部に入っているという息子さんの応援で来場、そして今大会ではご夫婦揃って「体験レース」でレースデビューを果たしました。 幸和さんは息子さんに「最初は1種目だけにしておいた方が…」と言われ「体験レース」のみの参加になったそうです。「本当は『1時間サイクルマラソン』にも出たかったんですが、今回は仕方なく断念しました。でも来年はトレーニングをして色々挑戦します!」と早くも来年の意気込みを語ってくれました。
友紀さんは「昨年は応援で来ただけでしたが、息子が楽しそうに走っているのを見て『私もロードバイクに乗りたい!』と思って、その一週間後には私もロードバイクを買いました!息子がどんどんいいスポーツバイクに乗るので、その影響を受けて色々と詳しくなりましたね。私も自分のロードバイクをアップグレードしています。ロードバイクは生涯続けられるスポーツになりますね」と楽しそうな笑顔で答えてくれました。





みんなで参加しやすい大会!レース後の飲み会も楽しみのひとつ

紀北防衛軍(中西一郎さん・細野義輝さん・山本友貴さん・森本衣里さん・伊藤千春さん・山本真由さん・友重みゆきさん)

和歌山県からお越しいただいたチーム「紀北防衛軍」の皆さん、今大会で3回目の参加だそうです。「2時間エンデュランス」の「3人チーム」と「レディース」のクラスに分かれて挑戦されました。
チームリーダーの中西さんはロードバイク歴約8年。会社の同僚にもロードバイクを勧めてロードレースの大会に参加したことがチームの始まりとのこと。
「最初は別の大会に出ていましたが、シマノ鈴鹿ロードにも挑戦してみよう!と思い立ったのが2年前。最初からこのメンバーでずっと続けています。この大会は競技色が強い印象ですが、『2時間エンデュランス』は仲間とワイワイ楽しめるのでいいですよ!それにレース後の飲み会も楽しみです!」と中西さん。
普段は皆さんでポタリングや山登りを楽しんでいるそうで、毎回コースを企画するのは中西さんだとか。「ツーリングコースを考えるのは大変ですけど、それも楽しいんです。お祭り気分でのんびり走っています!」と嬉しそうに答えてくださいました。




チームタイムトライアルに挑戦!「知っ得講座」も満喫

小林綾子さん・斉藤浩美さん・亀島朋美さん

このチームでは初挑戦という皆さん、大会初日の「チームタイムトライアル レディース」に参加されました。
斎藤さんはシマノ鈴鹿ロード初参加だそうですが、実はトライアスロン歴十数年というベテランアスリート。今大会では皆さんに誘われてロードレースに初挑戦されました。小林さんは「チームタイムトライアル レディース」の他に「2周の部 女子」にも参加。「『チームタイムトライアル』はみんなで繋がって一緒に走れるので心強いです!」と嬉しそう。
大会2日目は、シマノレーシングの栄養サポートを行ったこともあるオリックス・バファローズの専属管理栄養士・河南こころさんの「知っ得講座」に皆さんで参加。亀島さんは「仕事やトレーニングの後とか、どのタイミングで食事をしたら良いか色々と詳しく質問できて勉強になりました!こういう講座があるのも良いですね」と満足そうに語ってくださいました。





ページのトップへ戻る