シマノ・バイカーズフェスティバル

シマノPRブース/出展社PRブース

シマノPRブース

MTBやグラベルロードの最新コンポ、E-MTBの展示が充実

今年のシマノPRブースでは、フルモデルチェンジを果たしたMTBコンポーネント「XT」と「SLX」や、新登場のグラベルロード専用コンポーネント「GRX」が展示の目玉のひとつでした。それぞれのコンポーネントを組み付けた完成車イメージが展示され、特に「GRX」を組み付けたグラベルロードの展示車にはバッグを装着したツーリング車に仕立てられたものもあり、ツーリング愛好者から注目を集めていました。

「グラベルロードというと、本格的なオフロードを走ったり、ロングツーリングに出たりするのが本来の使い方と思われがちですが、それにこだわる必要はありません。SUVを都会で乗ったり、アウトドアウェアを街で着こなすのがカッコいいように、グラベルロードを街で乗るのもカッコイイと思います。グラベルロードの持つ巡航性能の高さとタフさは、通勤や街乗りでも発揮されますし、その気になれば本格的なグラベルライドも楽しめるというのがいいんです」とブースの担当者。

もうひとつの目玉は、ラインナップが充実したE-スポーツバイク。ブース前の一等地には各ブランドのシマノのE-スポーツバイク用コンポーネント・STEPS搭載モデルがずらっと並びました。
「STEPSはこれまで国内向けにはE8080シリーズのみの展開でしたが、E6180シリーズとE5080シリーズが加わり、3グレード態勢になりました。E5080搭載車はE-スポーツバイクの価格をより手の届きやすいものにしてくれるので、今後ますますE-スポーツバイクの人気が高まるはずです!」と語ってくれました。






出展社PRブース

各ブースでE-スポーツバイクを展示。ヘルメットやシューズの試着も人気

出展社PRブースでも今年はE-スポーツバイクを展示するブランドが多く見られました。BESV JAPANではフルサスタイプのE-MTBをはじめ、ロードバイクタイプ、小径車タイプとさまざまなE-スポーツバイクが展示されました。国内でいち早くE-スポーツバイクを販売したヤマハ発動機のブースでも、MTBタイプ、ロードバイクタイプ、クロスバイクタイプのE-スポーツバイクが並び、フカヤのブースでは、ツーリング車に電動アシストユニットを搭載したツーリング車タイプのE-スポーツバイクも。車種が充実し、あらゆる車種でE-スポーツバイクを選択肢として選べるようになってきたことがうかがえます。

グラベルロードに関する展示をするブースも目立ちました。中でもアウトデザインのブースではMTBの27.5インチホイールとグラベルロードの700Cホイールの両方に対応するチタンフレームのグラベルロード・モノラルTT120を展示。1台でマルチに使える点に注目が集まりました。
今回はオージーケーカブトのブースでヘルメットの試着やキルシュベルクのブースでシューズの試着が楽しめるなど、例年以上にお試しできるブースも多く、天気が回復した日曜日を中心に多くの参加者が足を運んでいました。






ページのトップへ戻る