シマノ・バイカーズフェスティバル

マルシェ

バイカーズ マルシェ&ビストロ

八ヶ岳山麓〜諏訪湖周辺の地元グルメが集合!
今年は地元の食材が味わえる「ビストロ」コーナーが新登場!

パートナーの方やご家族連れの皆さんにも本大会をさらに楽しんでいただくための地元グルメ企画「バイカーズマルシェ」を今年も開催いたしました。大会担当者自らが八ヶ岳山麓や諏訪湖周辺エリアを訪問してその美味しさを確認した数多くあるベーカリーの中から厳選したパン、地元産の高原野菜やハム・ベーコン・玉子といった地元グルメが一堂に集まりました。

パンを出品されたお店は計9軒。多くの小麦粉と酵母を組み合わせて粉の旨みを引き出している「ベルグ」、目の行き届く原材料を使いフランスの伝統的な製法で焼き上げる現代的なパンが魅力の「カルパ」の2軒が今年新たに登場。この他にも昨年に引き続き、季節の野菜・果物を使った自家製酵母を使用している「ましパン」や、古くから地元で愛されているババロアパンが有名な「三光パン」など、個性豊かなお店が登場しました。

また、高原野菜をはじめとする農産物では、「HAMARA FARM」のメロンより甘いと言われる諏訪の国ブランド認定の第1号に選ばれた「八ヶ岳生とうもろこし」、「富士見町ルバーブ生産組合」が作る「赤いルバーブ」などが並び、地元畜産品では「八ヶ岳実践大学校」や「八ヶ岳わくわくファーム」からはこだわりの玉子など、マルシェのテントにずらりと並びました。

さらに今年はマルシェの食材を用いた軽食を味わえる「ビストロ」のコーナーが新登場。なかでも人気を集めたのは、注文を受けてから目の前で焼き上げるベーコンとレタスの塩パンサンド。オランダのコンクールで優勝したという「ザ・ババリアン・ペーター」のぎゅっと旨味が詰まったベーコンを丹念に焼き上げ、素材にこだわった「Jumpin'(ジャンピン)」の塩バターパンに地元産の新鮮レタスを一緒に挟んでご提供。お口のなかに頬張るとじゅわっと広がるベーコンの香ばしさと旨味、そしてシャキシャキ高原レタスの食感も楽しめるという、まさに奇跡のコラボ!出来上がる前から漂うベーコンを焼く香りが周囲に広がり、次々と参加者のお腹のなかへと消え用意していた数十個があっという間に完売!また、富士見町名産「赤いルバーブ」を材料に、地元「富士見高校」の皆さんが作られた「ルバンビーカレー」も振る舞われ、こちらもあっという間になくなるほどの大人気でした。

応援で来場されたご家族の方々がシマノ・バイカーズフェスティバルの大会当日にお楽しみいただいたのは勿論、大会終了後もご家族で立ち寄るといった方々もおられました。
また、大会帰りや別の機会にこの地を訪れた際にもお気に入りのお店に立ち寄っていただけるよう、今回出品いただいたお店は下記の公式ウェブサイトでも紹介していますので、八ヶ岳山麓や諏訪湖周辺に行かれた際はぜひお立ち寄りください!


〈 バイカーズ マルシェ&ビストロ 出品社一覧〉






アルパカふれあいコーナー

昨年に引き続き可愛いアルパカが来場!
お子さんはもちろん大人も大興奮!

富士見町にある「八ヶ岳アルパカ牧場」から2匹のアルパカ「北斗(白色)」と「はじめ(黒色)」が今年も来場しました。ふれあいコーナーに訪れた参加者の方々はふわふわの毛をなでたり、牧草を固めたペレットを直接手からあげたりと大興奮の様子でした。お子さんはもちろん、大人の方々も無邪気にもふもふのアルパカに抱きつくシーンもあり、スマートフォンを片手に記念撮影される方で溢れていました。

また、昨年に引き続き富士ゼロックス株式会社様のご協力で、アルパカと一緒に撮影した写真をクリアファイルにしてその場でプレゼントするという企画(小学生以下限定)も実施。手にしたご家族連れの方は、あっという間に出来上がったクリアファイルに驚きを隠せず「すごい!もう出来たの!?」「これはいい思い出になりますね!」と大好評でした。






ページのトップへ戻る