シマノ・バイカーズフェスティバル

サブイベント

MTBライディングスクール

憧れのシマノサポートライダーが直接レクチャー!
1時間たっぷり学べる贅沢なスクール

憧れのシマノサポートライダーから直接MTBの基本をしっかり学べる「MTBライディングスクール」。講座の進行役は“やっちゃん”の愛称でおなじみ、Specializedアンバサダーの丸山八智代さんが努め、サポートとして2018年の全日本マウンテンバイク選手権大会・男子マスターズ30で優勝された現MIYATA-MERIDA BIKING TEAMの品川真寛選手が担当してくれました。

走行前の点検からハンドルの握り方、ブレーキの掛け方など基本的な部分からしっかりレクチャーしていきます。その後、MTBライディングの基本となるニュートラルポジションやレディポジションといった基本姿勢、ブレーキを掛ける時のコツ、障害物を乗り越える際の重心の掛け方など、段階を踏みながら指導。参加された方々のなかには2年前に参加された方もおられ、もう一度おさらいを兼ねてレクチャーを受けに来られたそうです。参加された方は「MTBライディングをプロライダーから学ぶ」という滅多にない機会を堪能されていました。








トレイル走行実践テクニック

シマノサポートライダーと一緒に実際のコースを走行!
コースコンディションを踏まえて学べる実践型スクール

憧れのシマノサポートライダーたちと一緒に走行しながらコースの特徴や走り方のコツなどを学ぶことができる、実践型のMTBスクール「トレイル走行実践テクニック」。大会2日間を通してレース前の試走時間で行われ、オフロードレース初心者はもちろん、熱心なキッズライダーとその保護者の方が参加されました。

まずはシマノサポートライダーと一緒にコースへ繰り出しコースのポイント毎にアドバイスを受け、さらに走り終えてからも個別に質問できるなど充実の内容でした。また、今年は台風の影響で参加者が少なかったこともあり、中にはマンツーマンでレクチャーを受けられたという非常に幸運な方も。ギアチェンジのタイミングや急カーブの曲がり方、コース取りなど詳細なアドバイスをプロライダーから受けられ、参加された皆さんは大満足の様子でした。






大抽選会

土・日の2回開催!豪華賞品が続々登場した大抽選会!

本大会のお楽しみイベントのひとつ「大抽選会」では、今年も豪華賞品が続々と登場しました。今年も土曜・日曜と2回開催され、たくさんの参加者で賑わいました。大会初日のレース終了後に開かれた1回目の抽選会は、雨天ということもあり急遽富士見パノラマリゾート内のレストラン「オリオン」に場所を移してスタート。スポーツサングラスや収納ボックス付き工具セット、折りたたみ自転車、サイクルトレーナーなど、賞品が紹介される度に会場から歓声が巻き起こりました。さらにクロスバイクや電動アシストスポーツ車、MTBのカーボンフレームセットなども登場し、幸運にも当選した方はハイタッチをしながら歓喜に舞う姿も見られました。

大会2日目に行われた抽選会では充電式ライトやスポーツサングラス、キッズバイク、折りたたみ自転車、ロード用ホイール、さらにはクロモリロードバイクも登場!残念ながら今年当たらなかった方、来年こそ当たるかも…次回のご参加もお待ちしています!






ウェルカムパーティー

雨でパーティーは急遽中止となるも…
地酒「真澄」&「豚の丸焼き」は今年もご提供!

大会初日のレース終了後に開催される予定だった「ウェルカムパーティー」、雨模様で「富士見太鼓」のライブ演奏や、プロライダーらによる「ダートクリテリウム」は残念ながら中止となりました。しかし、毎年参加者の皆さんに大好評の地酒「真澄」、そして「豚の丸焼き」は予定を変更して今年もご提供することができました!

大会初日に振る舞われた地酒「真澄」は、創業寛文2年(1662年)という350年以上もの歴史を誇る「宮坂醸造」さんから毎年ご提供いただいています。諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠したこの地酒は、国内をはじめ海外のコンテストでも金賞を受賞するほどの銘酒です。参加者の中には何度も列に並びご満悦な姿も見られました。

大会2日目には、午前中から会場でじっくりと焼き上げた約100kgという「豚の丸焼き」が登場。地元諏訪郡・原村のレストラン「カナディアンファーム」さんが、実は大会の2週間以上も前から仕込みを始め、しっかりと熟成させてから当日に焼き上げるそうです。
今年は急遽パーティーは中止となりましたが、来年は「富士見太鼓」の演奏を楽しみつつ、「豚の丸焼き」をつまみに「真澄」を堪能できますように!






バイカーズスタンプラリー

出展社PRブースを巡ってガラポン!空くじなしのスタンプラリー

会場内の出展社PRブースでは、各ブースのスポーツバイクやサイクルアイテムをチェックしながらスタッフにスタンプを押してもらうだけでOKのスタンプラリーが開催されました。抽選会とともに豪華景品が当たる人気イベントでスタンプを5個集めると1回抽選できる手軽さから、小さいお子さんでも参加しやすいアトラクションの一つになっています。

今回の特賞はスポーツサイクル用サングラス、1等はサイクルコンピューター、2等は高機能空気入れ、バイカーズ賞は果物セットとみんなに嬉しい商品が揃いました。
空くじなしでアイスキャンディーをもらえるということもあり、種目が始まる前、終わった後、家族や友達同士で楽しまれている姿を多く見かけました。家族で手をつなぎながらブースに訪れて、スタッフにスタンプを押してもらうと小さい子から「ありがとう!」の言葉。一生懸命な姿にスタッフもにっこりと和んでいました。抽選会場では種目を終えた子どもたちが、レースで泥だらけになった姿を気にもせずガラポン抽選に挑戦。当たりが出るか出ないかドキドキワクワク、一喜一憂していました。






ページのトップへ戻る