TOPICS


MC紹介

大会を盛り上げるMCチーム!新メンバーを加えてさらにパワーアップ

熱気あふれるレース実況はもちろんのこと、出展社PRブースやバイカーズマルシェなどの会場の様子をMCブースと中継しながら紹介してくれたり、さらにはレース安全対策や熱中症の注意喚起など、今年もMCチームが様々なシーンで活躍しました。XCエリアの担当は本大会お馴染みの「MCアリー」さん、そして一昨年の大会でDHエリアを担当してくれた「MCアケ」さんのお二人、DHエリアでは昨年に引き続き「MCコウゼン」さんが担当してくれました。
「MCアリー」さんは「今年は台風の影響で雨模様が続きましたが、2日目は晴れ間も見えて良かったです。きっと皆さんの思いが届いたのだと思います!」と嬉しそうに答えてくれました。
「MCアリー」さんとともにXCエリアのレースを実況、さらにはMCブースを飛び出して出展社PRブースや会場の様子を中継してくれた「MCアケ」さんは「バイカーズは2回目、XCエリアは初めての担当でした。前回の大会では泣きながら走っていたというお子さんが今年はしっかり最後まで走れたというお話を聞いて、お子さんの成長も感じられる大会なんだと思いました」
そしてDHエリアを担当してくれた「MCコウゼン」さんは「今年は昨年とコースも変わって選手の方に大好評でした!雨の影響も少なくてコースコンディションも良く、皆さん笑顔でしたね」と答えてくれました。
今年も参加者の皆さんとともに熱い実況で大会を盛り上げてくれたMCチームでした。



テクニカルサポート

古いMTBに乗る前は、パーツ類の劣化に注意!


会場での自転車のトラブルにシマノのメカニックが対応するテクニカルサポート。メカニックの坂東晃さんによると、「今年は昨年ほどコースがひどいマッドコンディションではなく、レース前のメンテナンスを呼びかけたこともあってか、利用者が例年よりかなり少なかった」とのこと。「トレイルでMTBに乗る人は、山の中でメカトラブルが起こって直せないと走行不能になって帰れなくなることも考えられます。ですから、一通りのメカの調整をマスターしている人が多いとも考えられます」と坂東さん。
とはいえ、トラブルも皆無ではなく、今回特に多く見られたのが、古いMTBのトラブルだったそうです。
「長く乗っていない古い自転車は、メカの中に詰まっているグリスが固まってしまったり、ケーブルに癖がついてしまったりして、変速の調子がうまく行かないことがあります。部品が劣化していることも考えられるので、長く乗っていなかった自転車に再び乗るときは、念のためにショップで点検してもらうことをおすすめします」



レース速報 〈LAP CLIP〉

レース結果はもちろん、経過もリアルタイムにチェックできるサービス!

順位やタイムといったレース結果はもちろん、ラップタイムや周回数、レース途中の順位などがお手持ちのスマートフォンやタブレットなどでリアルタイムでチェックできるサービス「LAP CLIP」。自分のタイムや順位はもちろんのこと、ライバルの情報も一覧で見られるのでスマートフォンを片手にチェックしながらチームメイトに声援をおくる光景も見られました。
エンデュランスなどのチーム種目では「LAP CLIP」の順位データを随時確認しながら交代のタイミングや担当する周回数を調整したりしながら上位を目指すチームも見られました。
このサービスは会場内はもちろん大会に来られなかったご家族やお友達もリアルタイムに見られ、さらに大会終了後もチェック可能なので来年の大会に向けたトレーニングに活用するなど、使い方はあなた次第。ぜひご活用ください!

LAP CLIPウェブサイトはこちら



記念クリアファイル 〈富士ゼロックス〉

表彰台の感動をその場でクリアファイルにしてプレゼント!


今年も富士ゼロックス株式会社様のご協力で、優勝者や上位入賞者に写真入りの“記念カレンダー付きクリアファイル”がプレゼントされました。表彰台で喜びにあふれるシーンを撮影して、あっという間にクリアファイルが出来上がり、入賞者の皆さんも驚きの様子でした。初めて表彰台に立ったという選手の方は「チームのメンバーがこれをもらっていたのをみて、実は羨ましく思っていたんです。ようやく手に入れることができました!」と喜んでいました。
また、今年は小学生以下限定の特別企画として、「アルパカふれあいコーナー」にてアルパカと一緒に記念撮影した写真をクリアファイルにしてプレゼントするというミニイベントも開催。表彰台になかなか上がれず、クリアファイルを手に出来なかったお子さんやご家族の方にも大好評でした。



キッズスペース

小さいお子さんの熱中症対策に!今年は風雨を避ける休憩場所としても活躍!

「小さいお子さんの熱中症対策」ということで毎年設置している「キッズスペース」。今年も富士見パノラマリゾートのレストラン・オリオン内のにキッズスペースが設けられ、元気なお子さんたちで賑わいました。大会はあいにくの台風となりましたが、雨風を避けてお母さんと一緒に過ごすお子さんの姿が見られました。キッズスペースは柔らかいウレタン製のマットが敷き詰められ安全なキッズ用遊具で元気にはしゃぐお子さんや、お母さんと一緒に真剣な面持ちで工作や塗り絵に熱中するお子さんの姿が見られ、親御さんも安心して過ごされていました。
小さいお子さんがいるご家族の方も安心して休憩できるキッズスペース、熱中症対策はもちろん雨宿りにも大活躍でした。



富士見パノラマリゾート紹介

地元グルメ企画限定メニュー、富士見町おみやげなど、お楽しみがいっぱい!


地元食材を使用した料理も味わえる富士見パノラマリゾートのレストラン「オリオン」。本大会のツーリング種目「富士見町グルメサミットライド」とも連携した富士見町のイベント企画「高原野菜グルメサミット」の期間限定特別メニューとして、この「オリオン」では「たっぷり夏野菜の冷たいトマトラーメン」が登場。トマトの故郷アンデス高地の環境に近いとも言われる富士見町で育った新鮮なトマトを使用したメニューです。また、表彰台近くの「売店コーナー」では、「母衣(ほろ)の春花」やツーリングのエイドで振る舞われた「そばドラ」といった地元銘菓、「富士見高原そば」をはじめとした生そば、そして大会初日に振る舞われた地酒「真澄」など、地元富士見町や信州の特産品がずらりと勢ぞろい。本大会に参加された方は1,000円以上お買い上げで5%オフという特典もあり、たくさんのお土産を抱えた参加者の方々で賑わいました。