試乗会




激坂と林道を組み合わせた「e-MTB専用」の試乗コースが新登場!

昨年に大幅リニューアルを行ったシマノ・バイカーズフェスティバルの試乗会。試乗コースは従来のオフロードのシングルトラック「MTB専用コース」、そして昨年ご好評をいただいた「2.6km舗装・砂利道コース」に加えて、今年はさらに「e-MTB専用コース」が設けられました。
この新たなコースはダブルトラックとシングルトラックを組み合わせたオフロードで、走りごたえのある林道ショートコース。ぐるりと一周回って戻る最後の直線は急勾配の激坂が待ち受けており、初心者の方や脚力に自信がない方は足をつかずに登り切れないのでは、と思ってしまう程でした。しかし、「e-MTB」でこのコースを試乗された方は、苦もなくスイスイとこの激坂を登られていました。初心者や女性の方はもちろん、競技志向の強い参加者からも注目を浴び、パワフルな走りに思わず驚かれる方が続出。「試乗してみるまで敬遠していたけれど、実際に乗ってみて印象が変わりました。これまでのスポーツバイクとは全く違う新しい遊びです」と、「e-MTB」の試乗を終えたばかりの参加者は興奮気味に話してくれました。


試乗車は100台以上、うち約半数は電動アシストスポーツバイク!

本大会のレースまたはツーリングにお申し込みいただいた方ならどなたでも、各出展社PRブースまたはシマノ試乗コーナーで試乗車を借りることができます。
今年も昨年に引き続き多くの出展社が試乗車を用意し、100台以上もの試乗車が一堂に集まりました。特に今年は電動アシストスポーツバイクの試乗車が多く、全試乗車の約半数にも昇り参加者の注目を浴びていました。今年はその車種もバラエティ豊かで、MTBはもちろん、クロスバイクやロードバイク、小径車といった多彩な電動アシストスポーツバイクがずらりと勢ぞろいしていました。
また、普段なかなか試乗することのできないグラベルロードも多数用意され、メイン会場の富士見パノラマリゾートから公道へとつながる「2.6km舗装・砂利道コース」を試乗され、実際の走行環境に近いコースを走りながらその乗り心地を実感されていました。

国内初お披露目!新XTRの試乗車も登場!

モデルチェンジによってリア変速が12スピード化されたシマノの新XTRも試乗車に登場。既に自転車業界の各メディアで紹介され話題となっておりましたが、国内で一般公開されるのは今大会が初ということでシマノ試乗コーナーでもひと際注目を浴びていました。大会に参加されたベテランMTBライダーからの注目度も非常に高く、新XTRを搭載した試乗車でその性能を存分に味わいつつシマノスタッフの説明を熱心に聞き入っておられました。