ご出場の方へ


車両規定

本大会に参加するすべての自転車は、下記の条件に適合することとします。

■総則
1. 人力のみで駆動されるフリーホィール式の自転車で、正常に作動するブレーキが2つ装着されていること。
※ツーリング種目のみ電動アシスト自転車の使用を認めます。
2. ハンドルバーおよびステムは危険性の無い形状で、 その先端はキャップなどでしっかり塞がれていること。
3. クロスカントリー、ダウンヒルなど本大会の競技に使用する自転車は日本自転車競技連盟の定める競技規則 第16条 3.自転車 (1)原則 に準じる。《日本自転車競技連盟 / 競技規則
4. ランプ・ダイナモ、 バックミラー、カゴ、スタンド、 泥除け、 荷台、 錠など競技に不要で危険を及ぼす
 可能性のある部品は取外すこと。
5. レース走行に耐えうる自転車で、事前に十分整備されていること。

■マウンテンバイクのハンドル形状について
本大会の参加車両「MTB(マウンテンバイク)」は、ハンドルがフラットバーハンドルのみ使用可です。ドロップハンドル、ブルホーンバーほかでは出走できません。

■参加可車両の「ロード・クロスバイク・小径車」について
「ロード」は、ドロップハンドル仕様の多段変速機付スポーツサイクルのことで、「クロスバイク」は、フラットバー仕様の多段変速機付スポーツサイクルのことを指します。
「小径車」は、車輪径20インチ以下の多段変速機付スポーツサイクルのことで、本大会ではツーリングで認められたクラスのみ使用することができます。

■ファットバイクとシングルスピードバイクについて
ファットバイクは、タイヤ太さ3.5インチ以上(車輪径は不問)で、タイヤ空気圧は10psi以内。
シングルスピードバイクは、変速機がついていないオフロード仕様のスポーツバイク。ドロップハンドルバーは不可です。

■グラベルロードについて
本大会の「小黒川林道ガイドツアー」参加可能車両であるグラベルロードとシクロクロスバイクとは、砂利道やオフロードでも走行可能なドロップハンドル仕様のスポーツバイクのことです。

■会場での検車は行いません
必ず各自の責任で事前に済ませてきてください。整備不良の自転車では出場できません。

■車両規定に違反して出場した場合
審判団による協議の上、ペナルティを科します。

■走行中、ヘルメットや体の一部などにカメラやスポーツカメラを取り付けて撮影することを禁止
レース・試走に関わらずカメラやスポーツカメラをヘルメットや体の一部などに取り付けて撮影することを全面禁止。
※ヘルメットや人体の一部にカメラを取り付けて撮影することを禁止、また進行方向のみの撮影を可とし、後方の撮影を目的として取り付けることはできません。

ただし、次の場合に限り動画撮影を認めます。
自転車のハンドルバーに進行方向のみ撮影するよう固定して撮影すること。
走行中にカメラを操作することを禁止。
液晶画面などのモニター付きカメラは使用禁止。


テクニカルサポート

出場車両の点検・整備義務

会場での検車は行いません。選手はそれぞれの責任で必ず事前に点検・整備を済ませてきてください。 整備不良の自転車では出場できません。

大会当日の「困った」に対応するサポート体制

安全で快適なレースのために愛車は万全な状態に整備してご来場ください。
ただし、突発的なトラブルなどで修理や調整が必要な場合は会場内のサポートコーナーへお越しください。選手ご自身で行う点検・整備をサポートするセルフメカニックコーナーや出走直前のトラブルに応急処置を施すシマノテクニカルサポート、そして部品交換しなければならなくなった場合のメカニックコーナー(有償)のサポート体制があります。

ご自身で行う点検・整備をサポート

セルフメカニックコーナー

レース走行前に点検・整備を行いたい方に、ベテランメカニックが丁寧にお教えいたします。 日頃のメンテナンスや修理に関してお答えします。

出走直前の緊急トラブルに応急処置を行います

シマノテクニカルサポート

部品交換を伴わない修理や調整の応急処置を行います。緊急時の処置のため、自転車に傷、汚れがつくこともあります。応急処置ですので、後日サイクルショップで再点検や部品交換を行うことをお勧めします。

整備不良車、レース出走後のトラブルには対応しておりません。
必ず事前に整備してご来場ください。

部品交換が必要になったときには

有償メカニック

緊急トラブルで部品交換が必要になった場合は、有償(工賃、部品代金)にて対応します。 交換部品や対応する工具がない場合もあります。あらかじめご了承ください。