ご出場の方へ


ナンバー取付け

ボディナンバーとフレームナンバーの取付け方法

受付完了後、ユニフォームと自転車の所定の位置にそれぞれボディナンバー&フレームナンバーを取り付けます。フレームナンバーを所定の位置に取り付けることが不可能な場合は左側からよく見える個所に固定してください。

ご注意

計測チップはサイクルコンピュータのセンサーを装着しているフロントホークの反対側に取り付けてください。センサーと計測タグを近くに取り付けると、どちらも作動しなくなる場合があります。

計測チップ

ハブから上に15cmほど離して取付けてください。

ボディナンバー

乗車した姿勢で番号が真っ直ぐになるように安全ピンでとめる。ボディナンバーの周囲を折りたたんで小さくしたり、変形させたりすることを禁じます。

※右上の写真を参考にして、シワにならないよう注意して4箇所をとめてください。

フレームナンバー

フレームナンバーは左側からよく見えるようにタイラップで3箇所を固定してください。取り付け後の余分なタイラップは切り取ってください 。(下記イラスト参照)

フレームナンバーの取付け

軽快車などループ状フレームでトップチューブのない自転車の場合はサドルの下など左側から良く見える個所に固定してください。

■ボディナンバー&フレームナンバーを正しく取付けてください。〈ゴール地点をビデオ撮影しています〉
ボディナンバーの取り付け位置が悪かったり、シワになったり、めくれたりして番号が読みとれなくならないように注意してください。フレームナンバーが足で隠れたり、見えにくく確認できない位置に取り付けることのないようにしてください。

■ゴール時にバンザイをしたり、後ろを振り返ったりしないでください。

ゴール時の乗車姿勢が悪いと番号の読み取りができなくなるばかりではなく、落車の原因にもなり、大変危険ですので十分注意してください。

計測チップ

計測チップの取扱いについて

自動計測チップは個人競技用のフロントホーク固定式計測チップとチームリレー用〈エンデューロ〉のアンクルバンド式計測チップがあります。個人用は個人競技参加選手、チーム用はエンデューロ参加1チームに1個お渡しします。

●フロントホーク固定式計測チップ(個人競技参加選手用)
参加選手全員に個人用計測チップセット(固定式計測チップ、タイラップ2本/写真A)をお渡ししています。使用する自転車に装着してください。

固定式計測チップに貼られているご自分のお名前を確認してから、フロントホークの所定の位置に固定してください。
※個人競技参加の選手は個人用固定式計測チップのみお渡ししています。(アンクルバンド式計測チップはありません)


計測チップセットの取り付け方

計測チップ裏面にあるゲタ状台座の穴に写真のようにタイラップを通します。
フロントホークに装着し、タイラップの細い先端を穴に通して強く引きます。
しっかり固定するまでタイラップを引き、タグがずれたり動いたりしないか確認します。
固定したら余分なタイラップを切り取ってください。
取り付け完了です。

計測チップセットの取り外し方

タイラップはニッパなどで切って外してください。 フロントホークを傷つけないよう注意してください。

●エンデューロ専用 計測チップ
チームで参加の場合、エンデューロの記録計測に使用する計測チップはアンクルバンドタイプです。ライダーの足首に巻きつけて使用しますので下記の注意事項をよく読んで取り扱ってください。ソロで参加の場合はフロントホーク固定式計測チップを使用します。

※アンクルバンドタイプ計測チップは、エンデューロ用です。個人競技には使用しませんので、終了後は速やかに返却してください。 返却されなかった場合は後日、大会事務局より制作実費5,000円を請求いたします。

■アンクルバンドタイプの計測チップは足首に巻きつけて走行します。
アンクルバンドは黒い面を外側(黄色面を内側)に足首に巻きつけてください。走行中に外れないようしっかり固定し、審判員から視認できるように露出して装着してください。(左右どちらでも可)
※手首に巻いたりポケットなどには入れないでください。計測されない場合があります。

■計測チップの受け渡しは必ず停止して行うこと。
走りながらの取り外しや装着、受け渡しは危険です。安全のため走者は必ず停止してから次走者に直接手渡してください。

■計測チップは精密機器です。ライダー交代の際に投げたりしないでください。
落下して記録が計測できなくなることがあります。


計測チップセットの返却

計測チップセットは必ず返却してください。

計測チップセットは出場するレースが全て終了しましたら「計測チップ回収所」へ全て返却してください。

■エンデューロで使用したリストバンド式計測チップも必ず返却してください。
■個人用とエンデューロ用計測チップは登録されていますので、返却されなかった場合は後日、大会事務局より製作実費(個人用5,000円/エンデューロ用7,000円)を請求いたします。