ご出場の方へ


競技ルール

すべての競技者はルールを厳守して、安全走行を心がけましょう。

割り込み走行や走行妨害などのルール違反は、他の競技者にとって大変迷惑になるばかりか、大きな事故につながる恐れがありますので十分自覚してください。

「シマノ鈴鹿ロードレース」「シマノ鈴鹿ロードレースクラシック」は、(財)日本自転車競技連盟(JCF)の規則に準じ、本大会の特別規則によって実施します。従って、本大会特別規則は上記ロードレース大会の規則であり、他の競技大会に適用されたり、先例となるものではありません。《日本自転車競技連盟 / 競技規則

1.コミュニケ
●大会に関する情報は表彰ステージ横に設置する掲示板でご確認ください。

2.コース設定
●使用するコースは、フルコース(1周=5.807km)西コース(1周=3.475km)東コース(1周=2.243km)です。各種目の使用コースは全レース一覧表を参照ください。

3.走行距離
●各種目の周回数および走行距離は本大会の定めによって行ないます。(全レース一覧表を参照してください)

4.参加資格
●JCF未登録者はシマノ鈴鹿ロードレースクラシックを除く全種目に出場できます。
●JCF登録者は、競技の参加資格に「登録」※と明記されている種目に出場できます。

※参加資格を偽り、不正にレースに出場した場合は失格です。
また表彰終了後に発覚した場合は、表彰の全てを返却していただきます。
※「チームタイムトライアル」の参加資格は全レース一覧表のチームタイムトライアル レディース、チームタイムトライアル(JCF未登録)、チームタイムトライアル(JCF登録)をご覧ください。

5.携行品の制限
●競技者はスペアタイヤ、修理用具、メガネ、腕時計は携行できますが、ガラス容器、その他危険物は携行できません。
●競技者は競技中に携行した食飲料を飲食することはできますが、アルコール類、興奮剤等の薬品を用いることはできません。

6.携行食飲料および器材
●食飲料の補給を受けることはできません。
※2時間エンデューロと1時間サイクルマラソンは補給が受けられる給水ポイントがあります。
●自転車が故障した場合は自力で修理して競技を続行できます。また、競技者間でポンプの貸し借りは許されますが、部品の交換はできません。
●競技参加以前に点検・整備を行なっている自転車のみ競技に使用できます。レース走行に必要な性能を備えていない自転車や車両規定に違反している自転車は、競技に使用できません。

7.故障車の競技続行
●何等かの理由で下車した競技者は、他人の援助を受けることなく、自転車を担ぎ、あるいは押して競技を続行することができます。

8.ヘルメット
●(財)日本自転車競技連盟公認ヘルメットを必ず着用してください。
自転車用ヘルメットは強度、バランスに優れている上、汗を発散させやすいように設計されています。 頭部の保護と安全のために、必ず(財)日本自転車競技連盟公認ヘルメットを着用してください。《日本自転車競技連盟公認ヘルメットについて》
※JCF公認以外に、EN規格、CPSC規格、ANSI規格、Snell規格も認めます。

※小学生以下に限り保護者の責任においてSG規格のヘルメットの着用を認めます。
※上記条件以外のヘルメットは使用出来ません。

9.ウエア、ナンバーの装着規定
●競技者は指定された場所(ナンバー取付の項参照)にボディナンバー、フレームナンバーをつけて競技しなければなりません。
●安全のため競技中は、袖付きのジャージと手袋を着用することを強く推奨します。
●シマノ鈴鹿ロードレースクラシックは「日本自転車競技連盟・競技規則」に準じます。

10.競技の中止命令
●競技中、審判員および医務員から競技の中止を命ぜられた場合、 選手はその指示に従い直ちに中止してください。
●ゴール手前、ホームストレートで関門を設定いたします。審判員より競技打ち切りを宣告された選手は指示に従ってレースを中止してください。(DNFとなります)
●収容車を利用した選手もしくはチーム(エンデューロの場合)はDNFとなり、その場で競技終了になります。
●遅れている選手に対して審判団により競技進行に支障をきたすと判断された場合、競技中止を宣告する場合があります。

11.妨害行為
●他の競技者を押し、あるいは割り込みや走路を横切る等、走行を妨害した者は失格としコース上から除外します。
●追い抜いた競技者の走行ラインに入る場合は、2m以上先行しなければなりません。(厳守のこと)

12.判定
●着順、タイム測定等に関する異議の申し立ては受け付けません。