参加お申し込み


参加料金の計算

シンプルな料金体系で、チーム種目と個人種目の重複参加も簡単に

●各種目の参加料金について
大会のご案内/全レース一覧表」をご確認ください。

◆個人種目に参加の場合
 基本参加料3,000円+種目参加料(出場種目分)

(例)3周の部と1時間サイクルマラソン の2種目に参加の場合
 基本参加料(3,000円)
+2周の部(種目参加料(1) 3,000円)
+1時間サイクルマラソン(種目参加料(2) 4,000円)

=合計10,000円

◆チーム種目に参加の場合
 チーム参加料のみ(出場クラス/人数分)

(例)2時間エンデューロに4人で参加の場合
 2時間エンデューロ(チーム参加料 17,000円)=17,000円



団体受付について

当日の受付がスムーズ!団体参加申し込みのご案内

チームの場合は3チーム以上、個人は3名以上でお申し込みください。
お申し込みに際しそれぞれの参加者が参加料金をお振り込み済みであることをご確認くださいますようお願いいたします。

大会当日の選手受付は代表者のみでOK!

1. 個人IDでログインして任意のメンバーを登録していただき、種目選択後、必要情報欄にある団体参加の「Yes」にチェックをしてください。(※3名以上)
2. 参加確認証は代表者にまとめてお送りします。他の選手は受付手続きする必要はありません。
※詳しくは大会事務局へお問い合わせください。


団体参加専用駐車場のご案内(無料/先着順)

20名以上で団体参加申し込みいただきましたチームには、チーム車両・1台分の専用駐車場を会場内「Cパドック」に無料でご用意いたします。会場内にチームの機材や手荷物を持ち運ぶために大変便利です。マナーを守ってお互い気持ちよく利用できるよう心がけてください。収容台数に限りがありますので満車になり次第終了させていただきます。

20名以上の場合で駐車券が必要な場合は、必ず参加者名簿を大会事務局にお送りください。
詳しくは大会事務局へお問い合わせください。


緊急連絡先カード

重要緊急連絡先カードの記入と携帯について

レース中の事故や大会期間中の発病など、万一のアクシデントに迅速かつ的確に対応するための情報を記入する「緊急連絡先カード」をご用意しました。
「緊急連絡先カード」は、疾病やアレルギーなど医療現場において事前に必要とされる情報を記入するカードです。
イベント時には必ず携帯しして下さい。通勤やトレーニングなど、自転車に乗る際には携行することを強くお勧めします。Webからダウンロードしてぜひご活用ください。

●緊急連絡先カード(PDF版)はこちら




お申込み〜当日

1. 参加確認証を受け取る
大会事務局より公式通知となる「参加確認証」を8月中旬にお送りします。大会当日まで大切に保管し、必ず会場に持参してください。
また当日は「緊急連絡先カード」もご記入の上、必ずご携帯ください。

2. 車両整備・安全点検
セルフチェックを普段から行うことで、いち早く異常を検知できることがありますが、基本的には点検・整備は自転車安全整備士、自転車技士、SBAA PLUSマーク認定者など専門知識を有する方々に行ってもらってください。(詳細:車両の点検・整備について

3. 参加確認証で受付
会場に到着したら参加確認証を持ってピットビルの選手受付へ。(両日とも5:30より受付開始)ボディナンバー、フレームナンバー、計測チップを受け取ってください。

◆スムーズな選手受付のコツ
大会初日の選手受付は5:30~8:30頃まで大変込混み合います。10:00以降に集合締切になるレースに参加される選手の方は、この時間を外して受付されることをお勧めいたします。 尚、6:15からの試走は受付の必要はありません。(参加選手以外の試走はできません)

4. ボディナンバーなどの取付け
ボディナンバー、フレームナンバー、計測チップを所定の位置に取り付けます。(詳細:ナンバー取付け
※計測チップの取り付けにはタイラップ(樹脂バンド)の余分な部分をカットする必要があります。ニッパーなどの工具を必ずご持参ください。

5. 自転車の最終チェック
自転車の整備は万全ですか?長距離移動のため自転車のホイールを外したり、自家用車内に積み込んで運んだ自転車は、万一の不具合やトラブルが発生することがあります。異常がないか入念にチェックしてください
(詳細:車両の点検・整備について

6. 大会当日の「困った」はメカニックコーナーで解消
事前に整備したにも関わらず、レースの直前にマシントラブルが発生したら、慌てず騒がずメカニックコーナーへ。ベテランスタッフが自転車の状態により3タイプの対応を行います。安全で快適なレースを行うためにご協力をお願いいたします。(詳細:テクニカルサポート/出場車両の点検・整備義務

8.レース初心者講習会&試走
レース初心者講習会は普段のトレーニングとは異なる点や、鈴鹿サーキットならではの注意点を挙げながら、完走するためのコツを知ることが出来る15分程度の講座です。(詳細:レース初心者講習会
試走はボディナンバーを着けていなくてもできます。レース出場まで時間に余裕のある方は、選手受付をする前に試走することもできます。コース状況を確認するためにもできる限り試走しましょう。(詳細:ロードコース試走

8. 選手集合エリアへ
ヘルメット、シューズ、グローブなど、装備が準備できたら選手集合エリアへ。大会スケジュールの確認をお忘れなく!