もっと快適に、楽しく、キレイに乗ろう! 〜女性向けスポーツバイク講座〜(講師:絹代氏)

「“楽しい”があってこそ、うまく走れる!カラダが変わる!」女性必見のアドバイスが満載

今大会のMCとしても活躍してくれたサイクルナビゲーター・絹代さんによる「知っ得講座」が昨年に引き続き今年も開催されました。会場内には女性サイクリストはもちろん、チームメンバーや奥さんをサポートしたいといった男性の方も集まりました。今年の絹代さんの講座では「楽しく乗るためには?」を大きなテーマとして、「自分にあうバイクとは?」「カラダをどう使えばいい?」「アクセサリーはどんなものを選べばいい?」といった3つの課題を提示。バイク選びの解説ではフィッティングの重要性やバイク購入時の注意点に加えて「ハンドルやブレーキなどの操作が快適に行えないとなぜ危険なのか?」といった一歩踏み込んだ内容も語られ、なかには熱心に細かくメモをとりながら聞き入る参加者の姿も見られました。
また、ステージ上には本講座向けに「ディスクブレーキ」と「電動コンポーネント」を搭載した女性向けロードバイクの特別仕様車(非売品)が用意され、絹代さんが実際に乗りながら「楽しく、効率よく走るにはどうすればいいか」などについて実演方式でレクチャーしていました。絹代さんは「意外に思われる方もいるかもしれませんが、ディスクブレーキロードは女性にこそお勧めしたいと思っています。ブレーキが楽になれば手の疲れも少なくなりますし、何より安心感が生まれてストレスなくロングライドが楽しめるようになるのでは」と語ってくれました。



なかなか調子が上がらない人のための『栄養素プラスα』(講師:河南こころ氏)

プロ選手をサポートする管理栄養士から「栄養学」を学べる講座!シマノレーシングも特別参加


過去にはシマノレーシングの栄養サポートも担当し、現在はオリックスバファローズの管理栄養士として活躍中の河南こころさんによる「知っ得講座」が今年も開催されました。名立たるプロアスリートたちを長年サポートしてきた河南こころさんの講座を受けてみたい、という多くのサイクリストたちが会場に集まり熱心に聞き入っていました。
また、今年は野寺監督率いるシマノレーシングのメンバーが講座に特別参加。進行役として絹代さんも加わり、プロロードレーサーらの経験談を交えながら「食事の摂り方」や「栄養素の大切さ」について講義が行われました。河南こころさんも管理栄養士として参加した今年の「シマノレーシング沖縄合宿」で選手らが食べた料理を写真で紹介、各選手からは「その日のトレーニングの状況によって食事の内容や摂取カロリーをコントロールする」など、実践的な内容の話が飛び交いました。また、野寺監督は「運動の強度が高いと空腹に気づきません。例えば峠の登りは空腹に気づかないので、予めカロリーを摂っておかないと下りで脚が足らなくなってしまいます」とレースでの体験談を披露してくれました。
講座終了後、小学生のお子さんを持つ方の質問に「小学生くらいのお子さんの場合は“楽しい雰囲気”で食事することが第一。あれを食べなさい!早く食べなさい!といったお小言は良くないです。小〜中学生は食育の範囲なので、まずは好き嫌いなく楽しく食べられる様に。何でも食べられる選手はやっぱり強いですから」と回答、熱心に聞き入る姿が印象的でした。