試乗会

車種・台数ともに豊富な試乗会!今年も多くの参加者で大賑わい!

エントリーモデルをはじめ女性向けモデルやジュニアロードバイク、憧れのハイエンドモデルなど各出展社イチオシの製品が一堂に会する「シマノ鈴鹿ロード」ならではの贅沢な試乗会。車種の豊富さはもちろんその台数も多く、レースの空き時間をうまく利用すれば何度も試乗できるとあって、たくさんの参加者が試乗されました。
試乗車は各出展社PRブースやシマノ試乗コーナーで簡単に借りる事ができ、愛車のアップグレードや乗り換えを検討中といった熱いスポーツバイクファンの方はもちろん、スポーツバイクの購入を検討中のご家族や応援で来場されたお仲間の方にも大好評でした。また、シマノ試乗コーナーではマウンテンバイクなどのオフロード車も用意され、サーキットコースの一部を利用した試乗専用オフロードコースで試乗することも可能。ご家族やお仲間と試乗車の乗り心地や機能について熱く語り合ったり、各出展社ブースの専門スタッフに納得いくまで質問する参加者の姿が会場のあちらこちらで見られました。

電動アシストスポーツ車やディスクブレーキロードも登場!


今年の試乗会で注目を浴びていたのは、7月に開催されたシマノ・バイカーズフェスティバルでも登場した「電動アシストスポーツ車」ではないでしょうか。ロードバイクやオフロードタイプをはじめ、まだ販売されていないという超最新モデルなど様々なタイプの電動アシストスポーツ車が用意されました。既に普及しつつある一般車タイプの電動アシスト車とは違い、スポーツ車タイプは試乗できる機会が滅多にないとあって、事前に各完成車メーカーをチェックして試乗会に臨むという方もおられました。
シマノの試乗コーナーでは電動アシストスポーツバイクコンポーネント・STEPSを搭載したオフロードタイプの試乗車が登場。試乗を希望した参加者はシマノのスタッフから操作方法の説明を受け、次々とオフロード試乗コースへと走り出して行きました。さらに、デュラエースR9100シリーズの「ディスクブレーキ」を搭載した試乗車も用意され、試乗コーナーに訪れた参加者は興味津々。実際に試乗してディスクブレーキの性能を確かめつつ、スタッフと心ゆくまで話し込む姿も見られました。

今後の「スポーツバイクライフ」に期待を膨らませた参加者たち


各出展社PRブースやシマノ試乗コーナーで幾つもの試乗を体験した参加者の皆さんからは、今後のスポーツバイクライフの「広がり」に期待を膨らませた方が多かったようです。試乗する前の期待感を十分に満足させることができたという参加者からは「インターネットなどで得られる情報だけではわかりづらい事も、一度試乗してみると“あぁ、こういう事なんだ!”と実感できますね」と喜びの声が上がっていました。
本大会の試乗会に参加された静岡県の自転車ショップ「バイシクルわたなべ」の店長さんは「電動アシストは平坦な場所だとわかりづらいですが、漕ぎ出した直後や登りはすぐにその良さが実感できますね。ショップにとっても電動アシストスポーツ車は今後外せないジャンルになってくるので、初めて乗る方にはしっかりと特徴や乗り方について教えていくべきだと思います。ディスクブレーキロードは女性やビギナーからの需要が高まってくると思うので、もっと試乗できる機会が増えるといいですね」とコメントしてくれました。