MC紹介

大会を盛り上げるMCチーム!新メンバーを加えてさらにパワーアップ


レース実況や出展社PRブース紹介、さらにはレース安全対策や熱中症の注意喚起など、様々なシーンで活躍するMCチーム。XCエリアの担当は昨年に引き続き「MCアリー」さんと「絹代」さん、そしてDHエリアでは新たに「MCコウゼン」さんが担当してくれました。
昨年DHエリアからXCエリアの担当になった「MCアリー」さんは「今年はあいにくの雨天となりましたが、この雨も含めて大自然!っていう感じですね!MTBだからこそ、この大自然を楽しめると思います」と爽やかな笑顔で答えてくれました。
XCエリアのレース実況をはじめ、MCブースを飛び出して出展社PRブースを中継しながら紹介してくれた「絹代」さんは「今年はツーリングに電動アシストスポーツ車のメニューが登場したり、試乗会も約2.6kmのロング試乗コースができたりと、バイカーズは毎年新たな試みがある大会ですね。リピーターの方はもちろん初めて参加される方も、みんなが楽しめるのはバイカーズならでは、って思います!」
そしてDHエリアを担当してくれたバイカーズ初参加の「MCコウゼン」さん。「以前は私もMTBのレースに出場していたことがありましたが、その時のワクワク感を思い出しました。この大会はレースの種類も豊富だし、雨が降っても会場が賑わっているところも凄いですね!」と大興奮!
今年も参加者のみなさんとともに熱い実況で大会を盛り上げてくれたMCチームでした。

テクニカルサポート

泥詰まりによるトラブル増加。走行中もマメに落とそう


会場での突発的なトラブルにシマノのメカニックが対応するテクニカルサポート。今年は雨が降ってコースがマッドコンディションだったこともあり、「泥詰まりで駆動系の調子が悪くなってしまった」と駆け込む人が目立ったそうです。
「チェーンやスプロケットに泥が詰まると、ペダリングが重くなりますし、ひどくなるとディレイラーが破損してしまうことがあります。エンデューロであればピットに入ったタイミングなどで洗車して泥を落とすとトラブルが防げます」と担当者。
それ以外のトラブルでは、変速調整やディスクブレーキの調整など、例年もよくある軽微なものが多かったとか。担当者によると、中でも輸送中に起こりがちなのが、油圧式ディスクブレーキのオイルラインに気泡が入ってしまうケースだそうです。
「最近の油圧ディスクブレーキはバイクを寝かせても気泡が入りにくい構造になっていますが、念のため自転車を立てた状態で車載すると安心です。ホイールを外して輸送する場合は、ピストンが動かないようにキャリパーにスペーサーをはさみむのもポイントです」

レース速報〈LAP CLIP〉

順位はもちろん周回タイムもリアルタイムにチェックできるサービス!

お手持ちのスマートフォンやタブレットなどでラップタイムや周回数、順位などがリアルタイムでチェックできるサービス「LAP CLIP」。自分のタイムや順位はもちろん、ライバルの情報も一覧で見られるのでレース会場ではスマートフォンを片手に応援する方も見られました。特に「4時間エンデューロ」などのチーム種目では、LAP CLIPのデータをチェックしながら交代のタイミングや順番を調整するなど、うまく活用して表彰台を狙う選手たちもいるほど。
会場内はもちろん大会に来られなかったご家族やお友達もリアルタイムに見られるというこのサービス、様々な使い方ができるので「まだ使ったことがない」という方はぜひご活用ください!
LAP CLIPウェブサイトはこちら

優勝記念クリアフォルダー〈富士ゼロックス〉

表彰台の感動をその場でカレンダー付きクリアフォルダーにしてプレゼント!


富士ゼロックス株式会社様のご協力で、今年も優勝・2位・3位の入賞者に写真入りの「カレンダー付きクリアフォルダー」がプレゼントされました。さらに今年は「写真シール」も登場、表彰台で撮影した写真があっという間に幾つものプレゼントになって手渡され、入賞者の皆さんも驚きの様子でした。
昨年も入賞した選手からは「去年もらったものも勿体なくて使わずに飾ってあるんです」という声も。富士ゼロックスのスタッフさんからは「今年は新たに「写真シール」も追加したので、暑中見舞いや年賀状などのハガキに貼ったりして使ってもらえたら」とのこと。初めて表彰台に上った選手の方からは「このカレンダーがずっと欲しくて、やっと手に入れることができて嬉しい!」と言う方もいて、今年も記念クリアフォルダーは大好評でした。

キッズスペース

小さいお子さんの熱中症対策、今年は雨宿りとしても活躍!


一昨年から「小さいお子さんの熱中症対策」ということで設置したキッズスペース。今年も熱い日差しを避けられるレストラン・オリオン内の2ヶ所にキッズスペースが設けられ、元気なお子さんたちで賑わいました。大会はあいにくの雨模様となりましたが、急な雨を避けてお母さんと一緒に過ごす姿も見られました。
キッズスペースは柔らかいクッションが敷き詰められているので、小さいお子さんも安心して過ごせるということもありはしゃぎ回るキッズも見られました。レストラン奥のスペースではお母さんと一緒に折り紙をしながら過ごしているお子さんもいて、雨の中でしたがお父さんも安心してレースに集中できたのではないでしょうか。小さいお子さんがいるご家族も安心して楽しめるキッズスペース、熱中症対策・雨宿りに来年もぜひご活用ください。

富士見パノラマ紹介



地元高原野菜を使った「ルバーブカレー」、富士見町おみやげなど、お楽しみがいっぱい!

地元食材を使用した料理も味わえる富士見パノラマリゾートのレストラン「オリオン」。今年は富士見町のイベント企画で、富士見町内21店舗が参加する「高原野菜グルメサミット」が行われ、レストラン「オリオン」も期間限定の特別メニュー「ルバーブカレー〜スパイシー高原野菜のせ〜」が登場。富士見パノラマリゾートの自家農園で栽培された「赤いルバーブ」を使ったオリジナルカレーで、スパイシーな辛みとルバーブの爽やかな酸味がコラボしたチキンカレーです。もし「食べ損ねた!」という方、イベントは2017年9月30日(予定)まで開催されているのでぜひ富士見町に足を運んでみてください!
また、表彰台近くの「売店コーナー」には、地元富士見町や信州の特産品がずらりと並びお土産を求める参加者のみなさんで賑わいました。「母衣(ほろ)の春花」や「そばドラ」といった地元銘菓、「富士見高原そば」をはじめとした生そば、富士見町産の手作り寒天飴など、お土産にぴったりな名産品が目白押し!バイカーズ参加者は1,000円以上お買い上げで5%オフという特典もあり、幾つものお土産を抱える参加者も見られました。