MTBライディングスクール

憧れのシマノサポートプロライダーが直接レクチャーしてくれる、贅沢なスクール!


MTBライディングの基礎からしっかり学べる「MTBライディングスクール」。大会初日の第一回目講座の進行役は“やっちゃん”ことSpecialized Japan所属の丸山八智代さんが担当してくれました。丸山八智代さんはMTBクロスカントリーやダウンヒルの国内シリーズ戦などのレースでトップクラスの戦績を残したプロライダー。現在はその経験を生かしインストラクターとして様々なイベントで活躍されています。サポートはTEAM GIANT所属のダウンヒルライダー・青木卓也選手が参加してくれました。
ハンドルの握り方やブレーキの掛け方など、基本的な部分からしっかりレクチャーしていきます。その後、MTBライディングの基本となるニュートラルポジションやレディポジションといった基本姿勢、ブレーキを掛ける時のコツ、障害物を乗り越える際の重心の掛け方など、段階を踏みながら指導。今大会では残念ながらスクールの途中で豪雨に見舞われ、中断してしまうというハプニングもありましたが、参加された方は「MTBライディングをプロライダーから学ぶ」という滅多にない機会を堪能されていました。

トレイル走行実践テクニック

シマノサポートライダーらと一緒にコースを走りながら学ぶ、実践型スクール!


クロスカントリー系のレースで実際に使用するコースを、シマノサポートライダーらとともに走りながら学べる「トレイル走行実践テクニック」。レースは初めてという方や初心者の方はもちろん、中級者の方にとってもコースの特徴や走り方を実践的にプロライダーらから学べる滅多にない機会ということもあり、多くの方が参加されていました。大会初日の朝7時半から行われた同スクールでは、数人ずつのグループに分かれてプロライダーらとともに早速コースへと走り出しました。試走を兼ねながらプロライダーが走る後ろ姿を見てライディングのコツをつかんでいきます。
コースを走り終えた後は各グループ毎にレクチャーが行われました。コース上のカーブの曲がり方や上り・下りでの重心の掛け方など、詳細なライディングについてためになる話が盛りだくさんでした。大会当日は残念ながら雨模様ということもあり、ぬかるんだコースを如何に安全に走りきるか、ということについてもレクチャーされていました。参加者一人ひとりの質問にも丁寧に答えてくれたこともあり、大人から子どもまで皆さん満足そうにされていました。

大抽選会

土・日の2回開催!豪華賞品が続々登場した大抽選会!

本大会のお楽しみイベントのひとつ「大抽選会」では、今年も豪華賞品が続々と登場しました。今年も土曜・日曜と2回開催され、たくさんの参加者で賑わいました。大会初日のレース終了後に開かれた1回目の抽選会は、雨天ということもあり急遽富士見パノラマリゾート内のレストラン「オリオン」のスペースをお借りしてスタート!収納ボックス付き工具セットや高性能LEDライト、スポーツカメラなど、賞品が紹介される度に会場から歓声が巻き起こりました。さらにロードバイクの完成車や折りたたみバイク、高級ホイール、フレームセットなども登場し、幸運にも当選した方は賞品を持ち上げて喜ぶ姿が印象的でした。
大会2日目に行われた抽選会では折りたたみバイクやキッズ向けバイク、さらにはロードバイクやランドナーといった完成車が次々と登場!ロードバイクを当てたお子さんと一緒にステージに上がったお父さんは「これ、欲しかったんです!」と喜ぶのもつかの間、お子さんが「あげない!」とユニークなコメントに会場は笑顔があふれていました。そして迎えた最後の賞品はなんと「電動アシストスポーツ車」!会場からは「おぉ〜!!」という驚きとともに歓声が!ラッキーな当選者は1回目の抽選会で派手な仮装をして当選祈願をしていた方で「やっと当たりました!」と歓喜に溢れていました。派手な格好で祈ると当たるのでしょうか…来年は仮装する参加者が続出するかも!?


ウェルカムパーティ

地酒&豚の丸焼き!笑顔あふれる大歓迎パーティー!


大会初日のレース終了後に開催された「ウェルカムパーティー」、今年は残念ながら雨模様で「富士見太鼓」のライブ演奏はやむなく見送りとなりましたが、地酒「真澄」&「豚の丸焼き」の振る舞いには今年もたくさんの参加者で賑わいました。この地酒「真澄」は、創業寛文2年(1662年)という350年以上もの歴史を誇る「宮坂醸造」さんから毎年ご提供いただいています。諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠したこの地酒、国内をはじめ海外のコンテストでも金賞を受賞するほどの銘酒。中には何度も列に並びご満悦な大人たちの姿も見られました。
約100kgという「豚の丸焼き」は地元諏訪郡・原村のレストラン「カナディアンファーム」さんが、お昼頃から会場でじっくりと焼き上げてくれるという逸品です。実は大会の2週間以上も前から仕込みを始め、しっかりと熟成させてから当日に焼き上げるそうです。大会初日の溜まった疲れもこの地酒「真澄」と「豚の丸焼き」で一気に吹き飛び、大満足の様子でした。

スタンプラリー

出展社ブースを巡ってガラポン!空くじなしのスタンプラリー

大抽選会に続いて、もうひとつのお楽しみイベントといえば「バイカーズスタンプラリー」。出展社PRブースで最新情報や話題のアイテムをチェックしながら、各PRブースのスタッフさんにスタンプをポンッと押してもらうだけで抽選に参加できるサブイベントです。昨年に引き続き金賞は防水タイプのスポーツカメラが登場、他にもボトル&ケージセットや自転車ワイヤー錠、さらに人気キャラクターのガチャポンなど、お子さんから大人の方まで期待が膨らむ賞品がずらりと並びました。
チームや家族のスタンプカードを預かり、みんなの期待を背負ってガラポンを回すお子さんの表情は真剣。大会初日、最初に金賞を当てたのは元気一杯の女の子。取材のカメラに向かって満面の笑顔でピースサイン!空くじなし、末等でもアイスキャンディーがもらえるバイカーズスタンプラリー、みなさんは何が当たりましたか?