シマノ プロモーションブース

デュラエースのディスクブレーキ仕様やステップスが初お披露目

今年のシマノプロモーションブースは、目玉アイテムが多数登場。そのうちのひとつが昨年フルモデルチェンジを果たしたロード用コンポーネントの最高峰・デュラエースのディスクブレーキ仕様です。シマノの最高峰のレーシングコンポーネントで初めてディスクブレーキが採用され、シクロクロスバイクとの親和性も増したことから、MTBライダーの注目度も非常に高かったのが印象的でした。
また、シマノ初の電動アシストバイク用コンポーネント・ステップスも国内で初お披露目。ステップスはMTB向けとアーバンサイクル向けのモデルがあり、今回はMTB向けのモデルが展示されました。
デュラエースのディスクブレーキモデルも、ステップスも、ブースではコンポーネントを搭載した展示車がディスプレイされていましたが、試乗コースで試乗することもでき、多くの人がレースの合間に訪れていました。

各社プロモーションブース


ディスクブレーキロードの楽しみ方を提案するブースも

大会協賛各社による出展社PAブースでは、いち早く2018年モデルの展示を行うブースもありました。MTBのイベントながらブースに展示される車種は多岐に及び、今年はディスクブレーキロードが多数展示されていたのが印象的でした。あるブース担当者によると「ディスクブレーキロードは今のところロングライド志向のモデルが中心」とのこと。太めのタイヤを履かせてジープロードを走ることを想定したモデルを紹介したり、キャリアやバッグを付けてロングライドを楽しむことを提案するブースもありました。
MTBでは今年もファットバイクを展示するブースがいくつかあり、レースではなく遊び用の1台として興味を持つ方が多そうでした。
このほか、ヘルメットやアイウェアの試着、ウェアなどの物販も各ブースで実施。参加者は雨の間隙を縫って思い思いにブース巡りを楽しんでいました。