60分XCマラソン

大会の始まりを告げるレースで朝からエンジン全開

シマノ・バイカーズフェスティバルの始まりを告げるレースは、今年も土曜日の午前8時スタートの60分XCマラソン。朝から雨が降り始め、天候の悪化が予想されるコンディションにもかかわらず、レースの始まるホーンの音とともにMEN1、MEN2、WOMENの各クラス合わせて約80人が一斉にスタートしました。
上位を目指す選手は、スタート直後からダッシュで飛び出すなど、朝からエンジン全開。ホームストレートの坂を勢いよく上っていき、次第に強くなる雨でコースがぬかるんでもハイペースを維持して周回を重ね続けます。一方、マイペースで淡々と周回を重ねる選手も多く、泥と戦いながらフィニッシュまで走り続けました。
各クラスを制したのは、MEN1が中島渉選手、MEN2が 浅井秀樹選手、WOMENが中島瞳選手でした。


30分XCマラソン

子どもを励ましながら完走を目指す親子ペアも


競技時間30分とほどよい長さで、ソロでもペアでも走れ、ペアの部は小学生から走れるという間口の広さが魅力の30分XCマラソン。今年はソロとペアの部合わせておよそ60チームが参加しました。
ペアの部は、男女でも親子でも参加できますが、2人同時に走る必要があります。親子など脚力差があるケースでは、ピット横の激しい下りを走る際に速い選手が下り方の見本を見せて下りきったところのコース脇に待機し、後からもうひとりの選手が追いかける場面も。今年は雨でコースがぬかるんでいる上、2日目のレースということもあってコースが削られて滑りやすくなっている部分もあり、親子ペアの中にはくじけそうになる子どもを親が励ましながらゴール目指して走る姿も見られました。ゴール時には手をつないでゴールしたり、ハイタッチをするペアもあり、一緒に30分走り抜くペアならではの魅力を感じさせました。
各クラスを制したのは、ソロの部が前日の60分XCMEN1も制した中島渉選手、ペアの部はVassago/NCFRでした。


ファットバイク60分XC

極太のタイヤはどろんこ道でも高い走破性を発揮!

XC系のMTBの倍近くあろうかという太さ3.5インチ以上の極太タイヤを履き、砂地や雪の上といった悪路でも高い走破性を誇るファットバイク。ファットバイク60分XCは、ファットバイクだけで争われるXCレースで、昨年登場したばかりの種目です。出場者は10人ほどでしたが、極太のタイヤがもたらす走破性の高さはぬかるみもものともしないほどで、ホームストレートではタイヤのノイズをとどろかせながら個性的なルックスからは想像できないスピードで疾走し、ギャラリーからは見た目とのギャップに「すごい!」と歓声が上がっていました。
今年この種目を制したのは鷹取弘明選手。2位に1分以上の差を付ける完勝でした。


シングルスピード60分XC

変速機なし、同じギヤ比で走り続ける60分

変速機のないシングルスピードバイクだけで争われるシングルスピード60分XC。昨年登場したばかりのこの種目、上りも下りも同じギヤ比で走り続けることになるため、ギヤ比の選択が勝敗を分ける重要なポイントになります。しかも今年は朝から降り続く雨のためマッドコンディションとなり、ある出場選手は「ギヤ比選びが昨年以上に悩ましい」と話してくれました。
今年は9人が出走。同時スター後のファットがバイクの選手よりバイクの重量も軽く、上りを重視したセッティングの選手が多いからか、上りを軽快にこなす選手が多かったのが印象的でした。レースは序盤からこの種目のディフェンディングチャンピオン・坂手潤一選手が飛び出し、徐々にリードを広げながらそのままフィニッシュ。最終的には2位の選手に3分以上の差を付ける快勝で、連覇を達成しました。
なお、この種目では今年から仮装もOKになりましたが、仮装をする選手は残念ながらゼロ。来年に期待しましょう。


ビギナーXC

ビギナー向けの10分間のショートレース

2日目のXC系レースの最初の種目、ビギナーXC。60分XCマラソンなどと同じ全長全長1.3kmのXCコースを10分で何周できるかで競い、XCマラソンや2時間エンデューロのソロ部門に出場してみたいというビギナーがまず最初に挑戦するのに最適な種目です。今年は前日からの雨でコースがぬかるみ、朝のうちは雨もぱらついたため8人の出走となりました。
レースは10分間ですが、10分以内にフィニッシュラインを超えればもう1周走れるため、速い人は2周以上走れ、マイペースで走る人は1周で終わることもできます。例年だとトップは3周回走りますが、今年はマッドコンディションだった影響もあって、上位の選手も2周でフィニッシュを迎えることになりました。このレースを制したのは中川峻太郎選手。2位に25秒以上の差を付ける完勝でした。


キッズXC

将来のスター候補もマイペースで走る選手も参戦


小学生のキッズライダーによって争われるキッズXC。小学校1年生から3年生までのクラス、4年生から6年生までのクラスに分かれ、それぞれ男女別にレースを行います。過去にこのクラスで走り、現在マウンテンバイクのトップクラスの選手として活躍するライダーもおり、キッズXCは将来のスターの卵が集うレースとも言えます。
今年は土日両日で全クラス合計約170人が参加。どのクラスも上位の選手は各地のレースで活躍しているだけに、スタート直後からレースを先導する招待選手を行きよいよく追いかけるなど元気いっぱいの走りを披露。一方、レースの雰囲気を楽しみながらマイペースで走り続ける選手も多く、制限時間ギリギリで1周回完了する選手もいれば、制限時間の倍近い時間をかけて走りきる選手もいました。
土曜日の各レースの優勝者は、BOYS1が中仙道侑毅選手、GIRLS1が日吉彩華選手、BOYS2が嶋崎亮我選手、GIRLS2が竹中希春選手でした。
日曜日の各レースの優勝者は、BOYS1、GIRLS1、BOYS2の各クラスは土曜日に引き続き中仙道侑毅選手、日吉彩華選手、 嶋崎亮我選手が制し、GIRLS2は前日2位だった日吉愛華選手が勝って雪辱を果たしました。


MTBヒルクライム

ダウンヒルコースを上る激坂系HC


下りのタイムを競うDHコースを逆走し、上りのタイムを競うヒルクライムを行おうというMTBヒルクライム。DHコースとして知名度の高い富士見パノラマのダウンヒルCコースを上るオフロードのヒルクライムで、距離はおよそ4.3km、標高差480m、平均勾配10%を超える厳しいコースプロフィールです。
スタート前はいい意味で緩い雰囲気だったのに、スタートの合図とともに一斉に本気モードに切り替わった選手たち。激坂と緩斜面が断続的に繰り返され、路面もがれている厳しいコースのうえ、雨でぬかるんだコースは滑りやすく、選手たちも苦戦しているようでした。このレースを制したのは、昨年のディフェンディングチャンピオン神永真一選手。昨年の記録更新を目標に掲げたものの、わずかに及ばず、コンディションの過酷さがうかがえました。


激坂ゲレンデヒルクライム

険しいショートコースでの一発勝負の行方は!?

シーターゲレンデに設けられた距離約200m、高低差30mの平均勾配15%のコースを、用意ドンで一斉にまっすぐ上り、速く上った人が勝ち——。そんなシンプルなレースが激坂ゲレンデヒルクライムです。
スタート地点からゴールが見える直線コースですが、終盤にかけて徐々に勾配がきつくなり、路面も見た目以上に荒れているなど、レースに先駆けてデモ走行を披露したシマノサポートライダーたちも「ツライ」と本音を漏らすほどのハードさ。そんなハードなコースに、今年は小学生から大人までおよそ30人が挑み、3組に分かれてレースを行いました。
バイクを押して走るのもOKなので、つらくなったらそそくさとバイクを降りて押して走って少しでも速くゴールしようとする選手もいれば、意地でも足を着きたくない選手もいて、見応えのあるレースになりました。各組の上位の選手には、ご褒美として高原野菜の詰め合わせが贈られました。


ミルキー

未来のスターたちが火花を散らす!?


2日間のレースを締めくくる、小学校入学前の子どもたちによるエキジビションレース・ミルキー。自転車はもちろん、三輪車やランニングバイクなどでも出場OK。家族の伴走もOKなので、ベビーカーに乗る小さなお子さんも出場します。今年は1歳から6歳までの約30人が出走しました。
子どもたちは年齢別に数人ずつ組を作り、ボディナンバーのかわりに名前を書いたゼッケンを付け、スタート前に一人ひとりMCに紹介されました。紹介後は用意ドンの合図でゴールを目指してスタート。鼻息荒くゴールを目指す子もいれば、ゆっくりマイペースで走る子もいて、そんな子どもたちの姿を各組にひとりずつ伴走するシマノサポートライダーが温かく見守りました。ゴール後にはひとりずつお土産をもらい、満足そうな表情を見せていました。