ご出場の方へ

  1. HOME
  2. Suzuka Road top
  3. ご出場の方へ
  4. ロードコース試走

レース初心者講習会

これからレースにデビューする人やレース経験が少ない人が、慣れない集団走行に不安を抱くのは当たり前のことです。そんな不安を解消し、安全にレースを走るための基礎知識を身につけていただくため、レース初心者講習会を開催しています。
講習会は1回15分ほど。レースと普段のサイクリングや練習との違い、鈴鹿サーキットの走行上の注意箇所など、安全に完走するために必要な知識やコツを学んでいただけます。
講師はバルセロナ五輪代表選手で元シマノレーシングの江原政光(株式会社シマノ)を予定しています。
2012年から始まったこの講座。受講対象となったクラスでは転倒者が激減したというデータが残っています。
体験レース(講習会付)に出場される方はレース前に必ず受講してください。それ以外の方の受講ももちろん大歓迎です。

※1回/15分程度の講座を、土曜8回・日曜9回開催いたします。どの時間帯の講習会を受講するかは自由です。

コースを走る選手の目線で編集された「バーチャル試走」編の動画をアップしています。
実走シーンとポイント解説でわかりやすく編集した動画をアップしています。

場所:ピットビル2F ホスピタリティラウンジNo.7
時間:土曜・日曜 7:00〜 / 7:20〜 / 7:40〜/ 8:00〜 / 8:20〜 / 8:40〜 / 9:00〜 / 11:00〜
※1回15分程度。無料


ロードコース試走

大会中は、朝一番のレース開始前に1時間ほど試走の時間を設けています。ウォーミングアップやコース確認のため、ぜひ試走を行ってください。コースの起伏やコーナーの曲がり具合、路面状態など、試走しないと分からないことも少なくないからです。また、試走中に愛車の思わぬ不具合が見つかることもあります。特にレース初参加の皆さんは必ず試走しましょう。
また、雨の日にはベテランライダーも最低1周は試走されることをおすすめします。何度も走ったことがあるからといって、前年とまったく同じコンディションであるとは限らないからです。
試走で得た情報を頭に入れておけば、レース本番でも落ち着いて走れます。このゆとりが転倒を防ぎ、安全にレースを楽しめることにつながります。

※試走の際はヘルメットとグローブを着用してください。
※選手受付を済ませていなくてもコースの試走はできます。
※土曜日は6時45分、日曜日は7時を過ぎて新しい周回に入ることはできません 。

場所:鈴鹿サーキットコース
時間:土曜日 6:15〜7:15 日曜日 6:15〜7:05
※ボディナンバーは着用なしでも試走できます。無料


バーチャル試走

コースは意外に起伏あり。F1などと逆回りな点にも注目



シマノ鈴鹿ロードの全レースは、モータースポーツとは逆回りで行われます。コースはテレビで見る以上に起伏があるのが特徴です。

スタートすると、いきなりホームストレートの緩やかな上り。ピットウォールが切れたあたりから、勾配がきつくなり左に緩やかにカーブしながらシケインに突入します。

シケインを抜けると、コースは下り基調になり、130Rから西ストレートの高速セクションへ。西ストレート終盤の短い急な上りを抜けると、右に大きく曲がるスプーンカーブが現れます。
続くヘアピンカーブはコースで最も急なコーナー。これを抜けると下り基調で一気に速度が上がり、スピードに乗った状態でデグナーカーブに突入します。

その後、平坦路から緩い上りを経てダンロップカーブへ。これを抜けると、コースで最もスピードが出る下りセクション・S字カーブが現れます。下りきったら、第2〜第1コーナーを抜け、ホームストレートへ。緩やかなホームストレートの上りの先に、スタート&ゴールラインのゲートが現れます。