ライブ中継

絹代さんの「知っ得講座」や大迫力のレースシーンをライブ中継!

スマートフォンやパソコンでレースの実況中継はもちろん、大会の雰囲気をたっぷり味わえる「ライブ中継」。大会当日、参加できなかった方にもシマノ鈴鹿ロードの様子をお楽しみいただけるサービスです。今年はインターネット放送局の「AbemaTV FRESH!」で大会の様子が放送されました。
大会2日目の朝9時からは、自転車雑誌など各メディアで活躍中のサイクルライフナビゲーター・絹代さんが講師を務める知っ得講座「もっと楽しく、キレイに乗りたい!女性のための自転車講座」のライブ中継がスタート。女性サイクリスト必見の講座内容が余す事なく放送されました。
続いてレース中継では「5ステージ・スズカ 第4ステージ」「シマノ鈴鹿国際ロードレース」を放送。コース内の定点カメラに加えて、オートバイから撮影した大迫力のレースシーンが映し出されました。レース解説はオリンピック出場経験のある元シマノレーシングの江原政光さんが担当、ライブ中継画面のコメントには「ロードレースの初心者もわかりやすい!」と大好評。ラストは0歳児から小学校入学前の子どもたちがサーキットコース上を走る「バンビーノ」を放送。会場に来られなかった皆さんも、大会の雰囲気を味わうことができたライブ中継でした。


レース初心者講習会

初めてのシマノ鈴鹿ロードを安心して楽しむ方法を学ぶ


『レースに出てみたいんだけど、ルールや注意点がわからなくて』…普段はひとりで走ることが多い人にとって、レースでの走り方を学ぶ機会はなかなかないもの。そこでシマノ鈴鹿ロードでは、レース初心者や鈴鹿サーキットを始めて走る人が不安なく、できるだけ安全に走れるように初心者講習会を開いています。
この講座は、体験レースに出場する方は必ず受講することを義務付けていて、レースを安全に走るために必要なことや、鈴鹿サーキットコースの転倒が多発するポイントなどを元シマノレーシングの選手だった江原政光さんがレクチャーします。
レースの安全な走り方について、最も大切なことは「前や横だけでなく、自分の後ろにも人がいることを意識して、急ブレーキをかけたり急な進路変更をしないこと」と説明。このほか「実力以上のスピードを出さない」「しっかり前と周囲を見て、直前ではなくなるべく遠くを見る」「スタート前にあらかじめギアを軽くしておき、落ち着いてスタートする」など、具体的なアドバイスが行われました。
参加者は30〜40歳代の男性が中心でしたが、ここ数年は20歳代以下の若者や女性ライダーも目立って増えています。シマノ鈴鹿ロード初挑戦という女性サイクリストは、「初めてのレースで緊張していたけれど、講習会に参加して落ち着いて走れそう。安全第一で楽しんできます!」と話してくれました。

MC紹介

ロードレースをさらに楽しく盛り上げる!今年も大活躍の“名MCコンビ”

レース実況や見どころなどの解説、さらには安全にレースを楽しむための情報や出展社PRブース、サブイベントのアナウンスなど様々な場面で活躍するシマノ鈴鹿ロードのMC。今年も引き続き「DJがらぱ」さんと「絹代」さんの“シマノ鈴鹿ロード・名MCコンビ”が大活躍!
全国各地で開催される自転車レースでも活躍されているDJがらぱさんは、日本自転車競技連盟公認審判員でありつつご自身も競技者の経験があり、なんと過去にシマノ鈴鹿ロードに出場していた経験があるそうです。「私にとっては“ここに来たら自転車仲間に会える!”というのがシマノ鈴鹿ロードでしたね。もう私の人生の一部、って言う感じです。私が知っている選手の方から“シマノ鈴鹿ロードに来ないと私の夏は始まらない!”って聞いて、私もその通りだって思いました」とDJがらぱさん。一方、知っ得講座でも講師を務めてくれたサイクルライフナビゲーターの絹代さんは「レースって聞くとハードルが高そうに聞こえますが、講習会付きの体験レースもあるのでシマノ鈴鹿ロードは初心者の方でも参加しやすい大会だと思います。さらに出展社PRブースや講座にスクールもあって色々な体験もできます!」
レース解説では元シマノレーシングの今西尚志さんも加わり、レースを安全に楽しむための注意点やテクニックの紹介、ロードレースの見どころや観戦の楽しみ方なども解説してくれました。


クールダウンシャワー

照りつける日差しの暑さを一気に解消!熱中症対策にも活躍

大会初日の朝、好天に恵まれ絶好のレース日和!…とは言うものの、朝9時頃には気温が30度を超え熱中症に注意が必要な状況。そこで活躍するのが「クールダウンシャワー」のコーナーです。大きなテントとともに設置されたシャワーがレースを終えた選手たちの身体を一気に冷ましてくれます。さらに、熱中症対策としてレース前にシャワーを浴びて出場する選手もいてシャワーコーナーは大賑わいとなっていました。
大会2日目、早朝は曇り空で雨が心配されていたのですがお昼頃には一気に晴れ始め気温も33度の暑さに。例年以上に照りつける日差しの暑さの中、ジャージを脱いで気持ちよさそうに水を浴びる方や、一緒に走った仲間たちとともにレース展開について語り合う姿も見られ、多くの選手たちのオアシスとなりました。

レース速報〈LAP CLIP〉

順位やタイムをリアルタイムにチェックできる、便利なサービス!

各レースの順位や周回タイムをスマートフォンやタブレットでリアルタイムにチェックできるレース速報サイト「LAP CLIP」。自転車もしくは足首に「計測チップ」を取り付けることで、ゴールラインを各選手が通過する毎に0.001秒単位という精密さでタイムを自動的に計測しています。「LAP CLIP」はこの計測したタイムを集計し、リアルタイムで現在の順位や周回数をスマートフォンやタブレットでチェックできるというサービスです。応援している選手やチームメンバーはもちろん、ライバルの順位やタイムもチェックできるのという優れものです。
チェックしたい種目を選んでボディナンバーを入力すれば、スマートフォンなどからいつでもどこでも簡単に確認できるので、応援で来られたサポーターの皆さんにも大好評。リアルタイムに確認できるので、2時間エンデューロのレース中に作戦を立て直したり、自己記録の更新に向けてもうひと頑張り!といった姿も見られ、ピット周辺ではスマートフォンを片手に盛り上がる選手たちで賑わっていました。

※LAP CLIP…各レースの順位や周回タイムをスマートフォンやタブレットでリアルタイムにチェックできるレース速報サイト。 〈LAP CLIPウェブサイトはこちら

優勝記念カレンダー〈富士ゼロックス〉

表彰台での勇姿をカレンダー&クリアフォルダーにしてプレゼント!

今年も富士ゼロックス株式会社様のご協力で、表彰台に登り詰めた1〜3位の選手たちに記念写真入りの「記念カレンダー」がプレゼントされました。富士ゼロックス株式会社様のスタッフさんが、表彰式で記念撮影した写真データを即座にプリントアウト、あっという間にフォトカレンダーとなって進呈されました。
さらに今年は「記念クリアフォルダー」もプラスされ、プレゼントを受け取った選手たちに大好評!表彰台の常連選手からは「カレンダーは家に飾るだけだったけど、クリアフォルダーは仕事場に持っていって同僚に見せられますね!今から会社に行くのが楽しみですよ」と嬉しそうにコメントしてくれました。また、優勝を果たしたお子さんの勇姿がプリントされたカレンダーを見ながら、嬉しそうにしているパパさんやママさんの姿も印象的でした。


テクニカルサポート

エンドパーツの予備を持っていると安心

レース会場でいきなりバイクに不具合が発生——。そんな時の駆け込み寺的な存在が、シマノメカニックが常駐するテクニカルサポートです。朝一番や2時間エンデューロなどの前には順番待ちの人ができるほどの盛況ぶりですが、「利用者の総数はここ数年ずっと減少している」とチーフメカニックの坂東晃さん。「大会のWEBなどで、レース前にきちんとメンテナンスしてきてほしい、とお願いをしているのが少しずつ浸透してきているのでしょう」とのことです。
とはいえ、ケーブルが傷んだことによる変速不良などは相変わらず多いそうで、「最近増えているケーブル内装式のフレームだと外側からはケーブルの劣化に気付かないこともあるので、やはりレース前に専門のサイクルショップで見てもらうことをオススメします」と坂東さん。
特にトラブルが多いのが、リアディレイラーを取り付ける別体式エンドパーツが転倒や輸送中の衝撃で曲がってしまうことによる変速不良。この場合、エンドパーツを交換する必要がありますが、フレームによって形状が異なります。すべての部品を準備することができないため、テクニカルサポートで対応するのは難しいこともあるとのこと。このような場合の備えについて、坂東さんは次のようにアドバイスをくれました。「自分のバイクの予備のエンドパーツを事前にメーカーから取り寄せ、用意しておくと安心ですよ」