MC紹介

MCチームに新メンバーが加わり、会場はさらにヒートアップ!


今年は新メンバーを加え、さらに熱く盛り上がったバイカーズ。XC担当はおなじみの「絹代」さん、そして例年DHエリアを担当していた「MCアリー」さんが今年はXCエリアに登場し、初のコンビとしてレースを盛り上げてくれました。MCアリーさんは「今年のバイカーズはシングルスピードやファットバイク限定の種目やマウンテンバイクのヒルクライムなど、本当にバラエティに富んだレースメニューがいっぱいですね!特にDHエンデューロはDHの選手とXCの選手が一緒に競い合う珍しい種目です。普段は一緒に走らない人たちがクロスオーバーできるので、もっと多くの人に楽しんでもらいたいですね」とコメントしてくれました。絹代さんはレース実況はもちろん、MCブースを飛び出してツーリングの実況中継などでも活躍!「ツーリングメニューもますます充実してきましたね!広大なフィールドに出て、富士見町を中心に自然あふれるエリア全体を楽しんで欲しいですね。夏休み、家族で楽しむのにピッタリだと思います」と絹代さん。
一方、DH担当は今年初参加の「MCアケ」さん。実は富士見パノラマは「ダウンヒルデビュー」した思い出の場所だとか。「初めて大会に出る人から毎年来ているベテランの方まで、みなさん本当にテンション高くて楽しそう!バイカーズのMCは初めてですが、トークが上手なライダーさんも多くて面白いです!」
笑いあり、感動ありの熱い実況でバイカーズを大いに盛り上げてくれたMC3人組でした。

テクニカルサポート

日ごろのメンテナンスで防げる軽微なトラブルが多数


シマノメカニックが常駐し、会場での突発的なトラブルに対処してくれるテクニカルサポート。担当者の話では、「今年の利用者数は例年並みで、多かったトラブルも変速不良やディスクブレーキの不調などの事前にメンテナンスをしておけば防げるものが少なくなかった」とか。
「バイカーズに出場される方の中には、かつてMTBに乗っていて最近復活した方も多く、古いバイクを大切に乗られている方も少なくありません。ただ、『MTBに乗るのは年1回、バイカーズだけ』であまりメンテナンスされていない方も少なくない印象です。MTBは一度乗ったらかなり汚れますから、レース後にしっかり洗浄・注油をしていただくだけでもメカトラブルが起こりにくくなると思います」
とメカニック担当者。さらに、
「最近のMTBはメカも複雑になっていて、素人には手に負えない部分もあるので、困ったら早めにプロショップで見てもらってほしい」
とアドバイスをいただきました。

レース速報〈LAP CLIP〉

エンデューロ参加者を中心に定着した便利なサービス

手持ちのスマートフォンやタブレット、携帯電話などでリアルタイムにあるチームや選手のラップタイムや周回数などを知ることができるサービス「LAP CLIP」。シマノ鈴鹿ロードでもおなじみのサービスですが、シマノ・バイカーズフェスティバルでもすでにエンデューロの参加者を中心に定着しています。
「エンデューロは各クラスが混戦になるので、ライバルチームの順位が分かりにくくなる。そんなときにLAP CLIPを見れば、ライバルとのタイム差が分かるから助かる。レースには欠かせない」
と表彰台を目指すあるチームの選手。他にも「家の用事があって早く帰らないと行けないので、リザルトが張り出される前に結果の速報が見られるので助かった」という選手も。このように使っている人からはご好評をいただいているLAP CLIP。まだ使ったことがない方は、次回からぜひ活用してください!〈LAP CLIPウェブサイトはこちら

優勝記念カレンダー〈富士ゼロックス〉

優勝の感動をカレンダー&クリアフォルダーにしてプレゼント!

富士ゼロックス株式会社様のご協力で、今年も優勝者に写真入りの「記念カレンダー」がプレゼントされました。さらに今年は写真入りの「クリアフォルダー」も加わり、受け取った選手たちに大好評でした。
表彰台でカッコ良くポーズを決めて写真を撮影、その場であっという間にカレンダー&クリアフォルダーにプリントされるので「えっ!さっき撮影した写真でもうできたの!?」とびっくりする参加者もいました。また、昨年もカレンダーを受け取った方の中には「このカレンダーを壁に貼るのは何となくもったいないと思って、大切に保管してあるんです。今年はクリアフォルダーももらえたので、カレンダーは大事にしまっておいてクリアフォルダーは使いたいと思います」という参加者もいたそうです。お子さんがバッチリ写ったカレンダーやクリアフォルダーを見ながら、自分のことのように嬉しそうにしているお父さん・お母さんもいて、ブースは大賑わいでした。

キッズスペース

今年はレース風景が見られる場所にも設置!小さいお子さんの熱中症対策に活躍!

バイカーズのメイン会場は富士見高原にあるので、時折涼しげな高原の風が通り抜けていきます。でも、日差しが強くなり始めると小さいお子さんにとっては大変。そこで、小さいお子さんの熱中症対策として、昨年に新登場したのがキッズスペース。今年は熱い日差しを避けられるレストラン・オリオン内の2ヶ所に設置しました。新たに設置されたスペースでは、窓からクロスカントリーのコースを眺められるので、パパの活躍を見ながら涼むことができました。
また、キッズスペースにはクッションが敷き詰められていることもあり、子どもたちは暑さも忘れて元気にはしゃぎ回る姿も見られました。レストラン奥のスペースでは、塗り絵を楽しむ女の子やママさんたちが熱さを忘れてのんびり過ごしていました。「小さい子どもがいると夏のイベントには参加しづらいですが、こういうスペースがあるといいですね。安心して子ども連れで応援に来られます」と、今年もご家族の方に大好評でした。

富士見パノラマ紹介

ゴンドラで上る「天空の花園」、富士見町特産のおみやげなど、お楽しみが盛りだくさん!

富士見パノラマリゾートには、標高1,780mまで一気に上る「ゴンドラ」があります。メイン会場のすぐ側にあるゴンドラ乗り場からわずか十数分で、涼しげな高原の風が吹く山頂駅に上がることができます。気温はなんと17度!レースで暑く火照った体を癒してくれる最高のスポット。「天空の花園」と呼ばれる山頂駅周辺には、高原の草花を楽しみながら散策を楽しめる小道があり、その先には絶景の八ヶ岳を望む展望台があります。このゴンドラ山頂駅からスタートするツーリングメニューもあるので、まだ行ったことのない方は来年ぜひ体験してみてください!
また、会場の表彰台近くにある売店コーナーには、地元富士見町や信州の特産品がずらりと並んでいました。地元銘菓「母衣(ほろ)の春花」や富士見町の特産品「赤いルバーブ」を使ったジャム、富士見町産の新鮮トマトジュース「風立ちぬ」、富士見産生乳のみを使用した手作りチーズなど、お土産にぴったりな逸品が盛りだくさん!さらにバイカーズ参加者は1,000円以上お買い上げで5%オフという特典もあり、売店コーナーはお土産を買いに来た参加者で賑わっていました。