シマノ プロモーションブース

Di2仕様も登場した新XTに注目集まる

シマノプロモーションブースでは、2017年モデルの新製品が数多く展示されました。中でも注目を集めたのは、MTBコンポーネントの最新モデルXTシリーズ。ハイエンドモデルのXTRに次いで電動変速のDi2仕様が登場し、上位モデルのテクノロジーを継承しつつも求めやすい価格を実現しているとあって、MTBライダーの関心は非常に高く「いつごろ販売されるのか」「XTRと何が違うのか」などとブース担当者に次々と質問する場面も見られました。試乗車コーナーにはXT Di2を搭載したバイクも用意され、さっそくその性能を体感していました。
シューズでは、最新モデルのロードやMTBのコンペティションモデルやクリッカーの新色もお目見え。ラインナップをほぼ一新したアイウェアも主要モデルを展示するなど、新製品ラッシュを象徴する展示内容となっていました。
一方でシューズの試し履きコーナーやSPDペダルとシューズの着脱体験、Di2の操作を体感するコーナーといったおなじみのお試し企画は相変わらずの人気。見るだけでなく、体感することでシマノ製品の良さに触れられるのが印象的でした。

出展社プロモーションブース

ファットバイクの新製品も数多く展示

大会協賛各社の「出展社プロモーションブース」では、例年通り新製品の展示のほか、タイヤやチューブといった消耗品やアパレルを中心とした物販が行われました。
2017年モデルをいち早く展示するブースも多く、中でも目を引いたのは、極太のタイヤが特徴のファットバイク。あるブランドの担当者の話では「雪上や砂の上など、通常のMTBでは走れないところも苦にしない走破性の高さが魅力。レース機材ではなくて、遊びの要素が強いバイクで、日本でも人気が高まっている」とのこと。今年からXCレースの1種目としてファットバイクのクラスが設けられたこともあり、レースで見てぜひ試乗してみたいとブースや試乗車コーナーを訪れる方が例年より多かったようです。
このほか、アイウェアやヘルメットの試着、サドルの座り心地体験、ホイールやコンポーネントの試乗といったお試し企画も充実。スタンプラリーも併催されていたため、多くの来場者がブース巡りを楽しんでいました。