1984年、兵庫県のグリーンピア三木で誕生したホビーレーサーのためのロードレース大会「シマノグリーンピアロード」。1992年に世界に名だたる鈴鹿サーキットに舞台を移して「シマノ鈴鹿ロード」となり、あらゆるタイプのサイクリストの期待に応えるべく活動してきました。そして、ついに25年目の朝を迎え、四半世紀の歴史の集大成となる大会の幕が切って落とされました。「Shimano Suzuka Road 25thAnniversary」の入り口ゲートが皆さんを迎え、「ありがとう25周年」ののぼりが会場を華やかに盛り上げます。コース上では、鈴鹿の夏空を思わせる真っ青な「Shimano Suzuka Road」ゲートが選手の走りを応援します。

 初日の土曜日はあいにくの雨模様。しかし、時折激しくなる雨足にもめげず、選手の皆さんは果敢にレースに挑戦していました。コンクリートウォール沿いには無数の傘の花が咲き、水しぶきを上げて走る選手達を多数のギャラリーが見守ります。最終レースは25周年記念種目のタイムアタック。フルコース1周を全力疾走してタイムを競い、優勝者にはなんと7900系デュラエース・コンポーネントが贈られるというサプライズも。悪天候にも関わらず、皆さんの熱意に支えられて無事終了しました 。

 2日目はシマノ鈴鹿らしい夏日が戻り、「青空とこの熱気こそ鈴鹿の醍醐味!」と、少々の暑さもなんのその。水を得た魚のごとく、元気いっぱいにコースを走り回り、積極的なレースでギャラリーを沸かせました。お祭りムード満点のPRブースでは、スーパーボールすくいやクイズイベントが行われ、氷のオブジェが登場するなど、まさに縁日のような賑わい。ベテランアスリート、スポーツバイクに乗り始めて間もないサイクリスト、サポーター、見学の皆さんも一緒になって、25年目の自転車の祭典を存分に楽しみました。

9月20日(土)午後12時30分 (テレビ大阪)、23日(火・祝)午前10時 (テレビ愛知)、2日間にわたる大会の模様が放送されます。皆さんの勇姿や笑顔が見られるかも!? オンエアをお見逃しなく!(放送日時は予告なく変更される場合があります)



 
第25回シマノ鈴鹿ロードレースを記録した写真およびゴールシーンの画像を上記のウェブサイトで販売しています。
※これらのサイトはシマノが運営しているものではありません